▲ページTOPへ

株式会社e-clean さいたま市見沼区・三芳町・志木市、東京都渋谷区・世田谷区のクリーニングならe-clean 048-685-6780

お知らせ

ペットのおしっこ

猫や犬がおしっこした布団❗️きれいになる?その洗い方と予防法

 

もしも布団におしっこされてしまったら・・・

気軽に洗うことができないので大変な事態ですよね。

ペットと楽しく暮らすために必要な、布団へのおしっこ対策をご紹介します。

 

①布団の種類によらず、まず最初にするのは拭き取りましょう!

②その後、水に濡らして固く絞ったタオルでさらに拭き取ります。

③それから布団を陰干しして乾かします。

⚠️太陽に当てると汚れが酸化・定着してしまい、シミとなってしまいますので、陰干しするのがポイントです。

羽毛の掛け布団の場合、側生地(布団の中綿を包んでいる生地)には、羽毛が外にはみ出ないようにする「ダウンプルーフ加工」がされていますが、防水加工ではありません。
そのため、おしっこは中綿に染み込んでしまうことがほとんどです。
まずはよく乾かしましょう❗️

 

応急措置だけで洗わないとどうなるのか・・・

拭き取った後、洗濯やクリーニングできちんとおしっこの汚れを落とす必要があります。

放っておくと、後からアンモニアの臭いがきつくなります。

また、人間には臭いがわからなくても鼻のよい猫や犬には臭いがわかります。

そうすると

繰り返し同じ布団の上でおしっこされる原因にもなります❗️

また、敷布団の側生地は、すぐに拭き取りしたとしても中綿におしっこが染み込んでいる可能性が高くなります。

シミになったり、臭いもつきやすいので、なるべく早くクリーニングなどで洗う必要があります。