▲ページTOPへ

株式会社e-clean さいたま市見沼区・三芳町・志木市、東京都渋谷区・世田谷区のクリーニングならe-clean 048-685-6780

お知らせ

シームレスダウンの寿命

数年前からダウンジャケットのキルティング部分に縫い目がなくテープで貼ったような仕様で作られたダウンジャケットが人気ですね。

しかし、この加工には大きな弱点があるのをご存知ですか?

 

一般的な従来のダウンジャケット

ダウンの入った生地の仕切りを作るのに糸とミシン針を用いて縫製しています。

針を通すことで微細な穴がどうしても存在して、この微細な穴は着用やクリーニングを繰り返すことで少しずつ広がったり中に充填されているダウン(羽毛)やフェザーが噴き出してくることがあったりしました。

温かい空気が逃げてしまう原因にもなっていました。

更に、微細でも穴があることで雨による水滴を通してしまうこともあります。

 

シームレスダウン

針を通さず樹脂を使い圧着している為そもそも穴が存在しません。

それにより、暖かさはそのままに撥水、防風、軽量化を実現し更に噴き出しなどのトラブルへの課題解決も実現しました。

 

剥がれる可能性が非常に高いシームレースダウンの重大なデメリット

圧着に用いられる樹脂に「ポリウレタン」が使用されているケースが多く、着用状態などにもよりますが3年程で圧着部分が剥がれてくる可能性が高いのです。

これは前回「合成皮革」の記事で書かせていただきましたが、ポリウレタンというのは、空気中の水分や熱や紫外線など生活するうえで避けられない環境の中で少しずつ成分が分解され必ず劣化する、(全て製造から劣化がスタート)3年程で寿命を迎える素材なのです。

なので、フリマアプリやオークション経由での購入品、アウトレット品には特に注意が必要です。

特徴的なダウンジャケットである為、お手入れ方法も慎重さを要します。

特に誤解して頂きたくない事として、圧着部分の剥がれは製品の特性によるもので、本質的にはクリーニングが主原因ではないということです。

そして、シームレスダウンは圧着部分にポリウレタン樹脂が用いられていることからドライクリーニングが出来ず手洗いかウエットクリーニングが原則です。