▲ページTOPへ

株式会社e-clean さいたま市見沼区・三芳町・志木市、東京都渋谷区・世田谷区のクリーニングならe-clean 048-685-6780

お知らせ

ドライクリーニングとランドリー(水洗い)

 

クリーニングには大きく分けて「ドライクリーニング」と「ランドリー(水洗い)」という2種類の洗い方があります。

クリーニング店では、お洋服に合わせてそれぞれ適した方法を使い分けています。

ドライクリーニングとランドリー(水洗い)、何が違うのでしょうか?

 

洗い方の違い

・ドライクリーニング
ドライクリーニングは一切水を使わず、有機溶剤でお洋服を洗います。

有機溶剤で洗うことで油性の汚れをよく落とすことができます。

型崩れなどを防ぎ、お洋服への負担を最小限にしたお洋服に優しい洗い方です。

・ランドリー(水洗い)
ランドリー(水洗い)は、洗剤と水を利用する洗い方です。

汗や飲み物、果汁などの食べこぼしといった水溶性汚れをよく落とすことができます。

 

それぞれの工程

まず、洋服は洗う前に洗濯表示タグを基準にドライクリーニングするものとランドリー(水洗い)するものに分類します。

ドライクリーニングもランドリー(水洗い)も可能なものは、汚れやお洋服の状態によって分けられます。

ワイシャツなど、肌に直接触れて体から分泌される汚れがついたお洋服は「ランドリー(水洗い)」、コートなど肌には直接触れず外からついてしまう汚れがついたお洋服は「ドライクリーニング」というように、汚れの状態によって最適な洗い方を選びます。

ドライクリーニングとランドリー(水洗い)はそれぞれ専用の洗濯機を使って洗浄します。

それぞれの主な違いは、2つ。

有機溶剤を使うか水を使うかと、温度です。

ドライクリーニングは有機溶剤を使用しますが、有機溶剤は熱を加えることができません。

お洋服の色落ちやプリントが剥がれやすくなるからです。

ランドリー(水洗い)は洗剤と水を使って洗います。

ランドリー(水洗い)するワイシャツは生地も強く、皮脂汚れなどのガンコな汚れも多いので40〜50度の設定で洗ったり、温度をかけてしまうと色落ちするものは常温設定で洗ったりと、それぞれお洋服の種類や状態によって設定を変えます。

洗浄が終わったら、ドライクリーニングしたお洋服・ランドリー(水洗い)したお洋服ではそれぞれ乾燥時間が異なるので、別々の乾燥機にかけていきます。

 ワイシャツは洗浄が終わったらそのまま仕上げの工程に入ります。

濡れた状態でアイロンでプレスする方がしっかりシワを伸ばすことができるので、乾燥機にかけずにそのまま仕上げます。

 

豆知識

おうちでのお洗濯でも完全に乾かしたものをアイロンがけするよりも、多少水分を含んだ状態のほうがキレイにシワを伸ばせますよ♪