▲ページTOPへ

株式会社e-clean さいたま市見沼区・南区・三芳町・志木市、東京都渋谷区・世田谷区のクリーニングならe-clean 048-685-6780

お知らせ

お洋服を買うときに気をつけておくこと

 

こんばんは😀 いつも読んでくださりありがとうございます🎀

いよいよ明日(1/29 月曜日)が三芳店の営業最終日になります✨

当店のブログも(Amebaブログから始まり)筆者が担当して早約7年と少し経ち、今回が最終回となります🥲

早いような寂しいような…✨

温かな目で見守ってくださり感謝しています✨

そんな三芳店最終回のブログは、筆者が当クリーニング店に勤めた中での目線で、お客様の立場で考えて伝えておきたいことを書きますね😊

お洋服もネットで購入することも増えてることと思います。

(リサイクル商品も含みます。今やリユース店の売上はプロパー店を大幅に上回ってる現状です)

①そこでまずチェックすることは素材のチェック

⚪︎綿100%なのか?
⚪︎ウール100%なのか?
⚪︎ばりばりの化繊商品なのか?

綿は肌触りの良さや洗濯可能などのメリットが多い反面、シワになりやすく色褪せしやすい特徴があります。ウールは保温性が高い素材ですが種類によってはチクチクしたり重いものもあります。

素材の特徴をある程度頭に入れておくと、その商品を買った後の劣化の仕方や着心地のギャップに悩む事が少なくなりますよ♫

②モデルさんの体型に惑わされないこと

商品をよく見せる為にスタイルのいいモデルさんを使うことは当たり前ですよね?

SNSで素人がオシャレに写真を撮っているのも全力で自分をよく見せる為、服をいい感じに見せる為にポージングの工夫・写真の加工をしています

その写真を見たままのイメージで商品を購入すると必ず失敗します😔

モデルさんの身長が何センチなのかチェックしてみましょう

サイトによっては身長ごとのモデルさんを起用してたりします

手持ちの服と比較して着丈をチェックするとイメージしやすいですね♫

③悪い口コミをチェックしてみよう

その方が書いているデメリットに自分が納得できるかがポイントです。届いてすぐ穴が空いていたとかにおいがすごいので着る前に洗濯は必須です、とかは正直なんとでもなりますよね

でも何度洗濯しても色落ちがひどいとか写真で見るより商品が○○だったという口コミはかなり重要視してくださいね

④洗濯表示のマークからもだいたいいつ頃に販売されたものなのか検討がつけられますよ

洗濯表示が変わったのは、2016年12月からです

それまでは日本独自の規格でしたが、国際規格に合わせたものになりました

⚠️特に合皮素材は注意が必要です⚠️

クリーニングに出したらボロボロに剥がれた!なんていうことも珍しくありません

(原因は製品上の劣化という場合がほとんどです)

⑤海外の洗濯表示も要注意なものを多々見かけます

日本の規格と違い、いい加減な(間違った)ラベルを付けてることが多いです

鵜呑みにして表示通りに洗うと大変なことになります(万が一そのような製品をクリーニング店でお預かりしても工場でその判別がつくのでご安心してくださいね)

そうそう、数年前の事例ですが、日本のメーカーの婦人もののパンツを洗濯表示通りに洗ったらパンツの片方の長さだけ縮んだという事例もありました。

どうしても“洗ったことで“という意識が先に来てしまいますよね

しかし、明らかにアパレル側の問題になります

⑥大切なお気に入りのボタンは外してクリーニングに出す又は補強縫いをしておく

メーカーに問い合わせても既に在庫がないということも少なくありません

唯一無二のお気に入りのボタンだと尚更です🥲 取れて無くなってしまうより断然いいので筆者はそうしています😉

思いつくままに並べてみましたが、そんなこともあるということだけ頭の片隅に入れておいて頂けたら嬉しいです☺️

 

それでは、長い間ご愛顧いただき誠にありがとうございました。

 

三芳店 スタッフ一同